下平千夏展

作品1

2010「Chasm」東京芸術大学先端芸術表現科卒業|修了制作2010/BankART
輪ゴム、鉄骨

 "産声"、それは一つの命が産まれ落ちて初めての肺呼吸のために上げるとされています。一方で、十月十日の間、安全に守られた暖かい闇の中から、突然ま ぶしくて良くわからない世界に飛び出し、怖くて恐ろしくて声を上げている、とも言われます。この産声を上げた時、地上に降り立つ一つの命の最も無垢な声 と、一つ目の大きな事象がそこに現れるのです。
 北鎌倉にある『ポラリス☆ジ・アートステージ』は、緑溢れる山中にひっそりとたたずみ、手前には自然に溶け込むオープンな「明」の空間と、その奥に土壁に守られた「暗」の空間が用意された二つの要素を持つ場所です。
 外部に直接繋がる明の空間を"空気を取り込む口腔"、暗の空間を"音をつくり出す声帯"、そして、二つの空間を繋ぐ一連の動きを"振動(声)"と見立 て、身体から音が産まれくる出来事からインスピレーションを得た作品を展開。生命を予感させる"産声"、不安・恐怖の現れである"産声"、そして、我々の 身体の中に眠る無垢な声としての『うぶごえ』を建築空間全体を最大限に活かしたダイナミックなインスタレーション作品として表現し、うぶごえの中に観る者 を取り込む作品に仕上げます。

下平 千夏

プロフィール

作品2

2011 「implosion point - src -」TAMAVIVANTU 学内展/多摩美術大学/輪ゴム、鉄骨

2010 「影見」六甲ミーツ・アート/六甲山
令法の枯木、ワイヤー

2009 「声の行方」Dainamo Art Project
越後妻有アートトリエンナーレ/鈴、テグス

作品3

2011 「β - 息を呑む -」GOD HAND
/アートラインかし

2009 「肥大する感覚」atlus/東京芸術大学lus/東京芸術大学
木工用ボンド、ワイヤー