"北溟"という言葉がある。北方の大海を指す語だ。 "溟"には、"暗い"の意が含まれ、暗鬱で恐るべき威力を孕んだ北洋のイメージが纏いつく。 私は、この語を冠した画を、宮城野で目にした、洋上に広がる空を満たす限りない昼の光のみで描こうとした。そして、所詮は人間の想像力の絵空事にしか過ぎない"地獄"のイメージなど到底及びもつかぬ惨状を呈する被災地から戻った後、作品の構想は、次第に姿を変え始め、最後に到達した巨大なメイン作品は、いつの間にか、神も仏も登場しない"山越阿弥陀図"の形式を採っていた。 その展示場所、「ポラリス」は、嘗て寺院を包んでいた絢爛たる紅葉の山の一角にある。

橋本倫展

このポラリスでの舞台的展示空間、アートステージでは、表の光の舞台の自作と裏の闇の部屋の、やがて冬へと向かう展示時季を先取りするように、晩秋から冬にかけての光景を描いた、幕末の儒者・土井?牙による銀地六曲ニ雙屏風の左半双が展示される。銀と雪白は、月光の色、闇の光である。ここでは、文人画家・吉嗣拝山の作品と自作も絡まり合い、表舞台の祭壇画的な三幅対の大作油彩画と呼応し合うのだ。彼らはいずれも、生涯にわたり大震災と深く関わり合い、巨大な時代の変革に直面した画家だった。営々自然と闘い続け、愛でて来た我が民族の精神の血統を見つめ直す場にすると共に、静寂の中で死者と交感し、激変に見舞われた時代を直視するための、鎮魂と浄化の場とならんことを。

橋本倫作品
日本国東瀛神霊讃

人は言語を絶する自然の猛威を前にして、どのようにふるまうのか。言葉は失われ、言葉とならぬ思いが胸を締めつける。やり場のない怒りや悲しみは痛みとなって、何らかのしぐさをもよおさざるを得ない。さまざまな感情や、その表れとしてのしぐさこそ自然にはなく人にのみ備わる事柄である。有無をいわせぬ自然の圧倒的な力に対して、人はただ祈るのみである。感情を持たぬ自然に向けて心を尽くし祈ることにより、荒ぶる力をことむけやわす。私たちの祖先は営々と祈り続け自然と向き合ってきた。今回の橋本倫氏の展は、上記の文脈において捉えるべきである。それは、天災により辛酸をなめた先人達の作品を、自作とともに展示することからも察しがつく。そして何よりも蒼天に皓々と輝く月による、仏も死者の姿もない「山越阿弥陀図」というべき《北溟》は、伝統的な図像はもちろんのこと月の存在まで形而上の域に高めている。本作品は「祈り」から析出された光そのものであり、宗教以前であるばかりか宗教を越え出る自由をも獲得している。いわば闇の反転としての光が顕現しているのである。

足利市立美術館学芸員  江尻 潔

橋本倫作品
素霊光 W(冬の昼空・2月)

橋本倫作品

どいごうが
津藩(三重県津市)の儒学者、書画家。
津市西町(現・津市中央)の医家に
生まれ、家は代々医業を務めているが、
実父は漢学者でもあった。ごうが自身も 後年、津藩校「有造館」第5代督学、
(校長)に就任、近代漢学の大家として
令名を轟かせ、詩文・書画等、
文人教育家としても著名であり、 斬新な水墨画の大作を残した。

『四季墨竹図』より、秋景・冬景左半雙

橋本倫作品
光の壁龕 Y(上昇する黄金の焔と縞瑪瑙のケルビム)
橋本倫作品

吉嗣拝山 よしつぐはいざん1846〜1915
筑前(福岡県)太宰府出身の画家、漢詩人。
明治維新後、岡山備中倉敷に役人として赴任
するも東京震災(1871)に見舞われ重傷を負い、
右腕を切断、以降、役人を辞して画作に専念、
「左手拝山」と号した。右腕骨から造った
筆を携え国内はもとより清末中国をも旅游
(1878)し、上海では斉学裘ら文人と親交を
深めた。気骨に富む多くの画作の他、漢文集、
『拝山魚嚢』等が伝わる。

上図 吉嗣拝山『墨蘭図』(部分)

 
EXHIBITIONS FILE
 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29 30 31